ブーケティング低温センター

みづきブーケティング低温センター

平成20年に開設した「みづきブーケティング低温センター」では、従来の延命剤の使用に加えて、保存温度、保管日数など独自の管理マニュアルを作成し、 さらに日持ちする花の供給に努めています。

高品質で日持ちの良い花を市場に安定供給するために花卉の生産・流通・小売まで細かくシステムを構築しました。
産地から入荷した花々は、オートマテックバーコードシステムにより、入荷日、花の種類ごとに管理され、冷蔵保存室で新鮮さを保ちながら出荷を待ちます。
加工場
低温倉庫

自動前処理機を導入し大量の発注にも対応

茎や葉を切断する自動前処理機を導入し、一時間に最大1000束の処理を可能としました。
効率的に、丁寧に加工、包装され、鮮度を保ったまま、秋田県内の花卉販売店へと配送されます。

また、タッチパネルを搭載したラベル自動貼を採用。
最新機器の導入で、時間と手間の短縮に繋がっています。
現場のスピードと機能性、操作性がマッチし、大量生産が実現しています。
ラベル自動貼機
ブーケティングの様子

鮮度を落とすことなく保管

工場内の作業場は、室温を14度前後に設定し、出荷時に一時的に保存する冷蔵保存室は7~8度に設定するなど、徹底した温度管理を行っています。
ブーケセンターに運ばれてきたお花は、鮮度を落とす事なく冷蔵保存室で出荷を待ちます。

1日3万束以上の商品を出荷

センター納品、配送機能を徹底的に連携させ、
東北6県、新潟県の量販店へ高品質・高鮮度のまま出荷していきます。

幅広いご提案をお客様へ

さらには、ブーケやフラワーアレンジメントなどを手掛ける手作業部門や、新たな花を写真撮影し、ご提案させていただく専門スペース等も備えています。


Top